2011年1月29日土曜日

デフレの正体より...




Amazonのレビューを見ると様々なレビューを目にする。
レビューの多さも、この本がどれ程売れたかの証しでもある。

さて、この本の率直な感想だが、多少クドイ部分もある。
ただ、人口の減少が経済に与える影響は大きい。
一般論的にも、パイの大きさが市場規模の大きさであるのも間違えない。

本の評論を展開する気はない。
ただ、日本に住んでいて大丈夫なのだろうか?そんな心配の方が大きい。
国債・地方債を合わせた日本の借金は1000兆円。
個人金融資産が1200兆とも1400兆とも言われているが、後何年でパリティになるかが心配だ。
この本の内容半分だと捉えても、日本の将来は暗い。
私の生きているのが後何年かは分からないが、私の子供達の時代にはどうなっているのだろう?
子供達は、日本で生まれ育って幸せな一生を送れるのだろうか?
ついついそんなことを考えてしまう。
このまま国債残高が増え、日本売りになってしまうのが一番恐ろしい。

通常国会も開催されているが、誰がこの状況を打破してくれるのだろう?
地元の票しか見ていない政治屋さんでは、子供達の将来はかなり暗いとしか言いようがない。

経済論をレビューで言い合える「平和な日本」はいつまで続くかが心配だ。
shinichiro beck Web Developer