2011年7月14日木曜日

アップル、App Store 為替レートを反映させた大幅な価格改定!


Touch Lab - タッチ ラボが今朝伝えた「アップル、App Storeの全アプリを約30%値下げする価格改定を実施〜為替レートを反映」Twitterなどで朝から頻繁に流れていた。
早速調べてみた。

iPhoneの画像115円だったアプリが30円引きの85円。
やはり1番恩恵が高そうなのは「仕事効率化」アプリだろう。もともと値段が高い商品が多い所に、約30%の為替差益。

1番ビックリしたのがiPhone・iPadアプリだけではなく、Mac用のアプリ「App Store」も全てが値下げになっている。
例えば
Final Cut Pro X  35,000円 →26,000円
Motion5  5,800円 → 4,800円
Compressor4  5,800円 → 4,800円

Final Cutは日頃からお世話になっているソフト!使う人なら上記3アプリはセットのような存在。
この価格改定だけで1万円以上値下がりをしたことになり、映像編集者には嬉しい限り。ただ、使いにくいとの悪評も多くが、下がった事でトライする人も増えそうな感じだ。

個人的に嬉しいのはOmniのソフトが安くなり、日本語版を販売しているact2と同額または安い金額なったところだ。

icon
OmniOutLinerはApp Storeの方が安く購入できる。

ソフトの代理店も今後価格設定を変えてくるかもしれないが、「App Store」の優位性はしばらく続きそうだ。

残念ながら、音楽ソフトは見る限り値下げはなかった...

 iTunes Store(Japan) iTunes Store(Japan) iTunes Store(Japan)




shinichiro beck Web Developer