スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

北口本宮富士浅間神社

Taken at 北口本宮冨士浅間神社 Posted via email from 小林信一郎の分室

キリン

Taken at 富士サファリパーク ゾウゾーン Posted via email from 小林信一郎の分室

山桜

Taken at 富士サファリパーク Fuji Safari Park Posted via email from 小林信一郎の分室

富士サファリパーク 長蛇の列

Taken at 富士サファリパーク Fuji Safari Park Posted via email from 小林信一郎の分室

GWウイーク

無料で5GB利用できる「Googleドライブ 」使い始めました

昨日、Googleから発表された「Google ドライブ」使用可能の通知が来たので早速使い始めた。
Google ドライブ」はどこからでも自分のデータにアクセスして、編集、共有可能なネットワークストレージ!最大で16TBまで容量を増やせるかなり大きなストレージだ。 Googleアカウントがあれば使うことが可能だが、申請ベースなのでまずは申請が必要だ。

同様のサービスは「Dropbox」「Sugar Sync」などもあるが、印象的にはDropboxに近い感じだ。

まずはGoogleアカウントでログイン後「Google ドライブ」へ
この様な画面が出てくるので、まずは申請を


準備が出来るとGmaiにこの様な文面が届く。「Googleドライブを使用する」をクリック
次に専用のアプリをダウンロード
続いてダウンロードの確認画面をクリック
ダウンロードが始まるが、始まらない場合は「Click hear」を!



ダウンロードが完了するとダウンロードフォルダにある「installgoogledrive.dmg」をClickしてインストラーを立ち上げる。Mac版はアプリケーションフォルダにドラッグするだけ。

Windows版はこんなアイコンを

アプリケーションフォルダからアプリを立ち上げるとお決まりのアラートが

まだ日本語化はしていないが、簡単な設定だけだ。「Advance setup」画面は既にGoogleドキュメントを同期するかを選べるようになっている。 最後に「Starと Sync」を押すだけで同期が始まる。


メニュー画面にこんなアイコンが表示される。

以上の簡単な作業で終了だが、既に多くのドキュメントがある場合は、それなりに時間が掛かってくるが、最初同期する時が1番時間が掛かる感じだ。


追加ストレージが25GBで¥200程。100GBのプランだと価格的には「Dropbox」の1/4程度と、世界最大級のクラウド起業の金額と言ったところだろうか。
まずは使ってみてから総合的に判断することにしよう!

黒いコカコーラショーケース

Taken at Happy Jack Posted via email from 小林信一郎の分室

この焼酎は森以蔵より美味い!

子供達のゲーム機はiPad! この子達が大人になる頃は、ゲーム専用機はなくなってる気がする…

青葉公会堂

Taken at 青葉公会堂 Posted via email from 小林信一郎の分室

桜のじゅうたん キレイ!

レインボーブリッジ

満開の桜の下は気持ちイイね!

満開の桜の下は気持ちイイね!

フクシマのうそ

興味深い動画がアップされていた。
「フクシマのうそ」 制作はドイツの公共放送の1つZDF(第2ドイツテレビ:Zweites Deutsches Fernsehen)が制作した30分のドキュメンタリー。
原子力ムラと呼ばれる「政治家」「官僚」「東電」の排他的利益集団(原子力マフィア)を取材したドキュメンタリーで、1年の節目で放送された物だ。
ZDFの公式サイト動画はこちら

取材対象者も
菅直人元首相
河野太郎衆議院議員
1989年に福島原発の亀裂や欠陥を発見した日系三世ケイ・スガオカ氏
地震学者の島村英紀氏

東京電力など多角的に取材したインタビューがベースの番組だ。
東大地震研究所が今年1月に、首都直下型地震が4年以内に約70%の確率で発生するという試算結果が出たが、福島第一原発対する影響など興味深い内容が多かった。福島第一原発4号機に今もある使用済み燃料棒1300本はまだそのままだ。

日本のマスメディアではないことも有り、インタビューの答えに本音が見え隠れするところなどは説得力がある。
特に福島原発は配管が逆に取り付けられていたり、亀裂があることを隠蔽したり、汚染水が消えてしまっている??など、東京電力の隠蔽体質が浮き彫りになっている。

一度じっくり見ることをお勧めする。

名刺用ハンディスキャナ

最近スキャナーお手軽になってきている。気になるのがサンワサプライの ハンディスキャナ 400-SCN009

USBだけでお手軽にスキャンが可能なタイプ!ただしWindows用...

Mac用の名刺スキャナはなかなかないのが現実!
実際に発売されているのは
WorldCard Mac de 名刺 Plus PPT-US-000002
名刺万能 for Macintosh

この2機種で値段的にも1万円を越えてしまう。

もしiPhoneユーザーならWorldCard Mac de 名刺のメーカーが作っているiPhoneアプリWorldCardがお勧めだ!
アプリとしては少し高めだが、名刺の管理がiPhoneだけで全てが完結する。私個人も2年ほど使っているが、名刺の認識率がかなり高い。海外メーカー(台湾)だが、氏名にふりがなも入力してくれる。
国産メーカーのiPhoneアプリも使ってみたが、WorldCard ほどの使いやすさではなかった。
WorldCard は名刺を写真撮影した後、スキャナーで読み込んでトリミングしてくれた名刺画像を残してくれる。画像として残るので、名前が分からなくなっても画像を見ることで思い出すことも多いはずだ。

私がオススメしたいのはWorldCardで名刺を整理した後、名刺画像をクラウド上に保存する方法だ。
特にEvernoteに保存する方法がオススメだ。PDFファイルでなくても画像に含まれる文字を認識し、検索することが可能なので、振り返って探す時には非常に便利だ。タグを付けることも出来るので、会社名や会った場所などをメモ的にタグに書き込めば、探すのも非常に楽だ。
Dropboxに残していく方法もある。Dropboxはインターネット内に自分のフォルダを置くような感じだ。Evernoteとは少し性質が違うのがDropboxで、早く言うと「USBメモリー」のような存在がDropbox。似た存在のクラウドサービスがSugarSync
この3種類のクラウドサービス「無料」で使う事が出来るので、まずは登録して使い始め、大量に使うようになればそこから有料サービスに移行すれば大丈夫だ。
EvernoteDropboxSugarSyncこの3つのサービス全てiPhoneで使うことが可能なサービス。もちろんMac、Windowsからでもアクセスが可能。無料なので…