スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2011の投稿を表示しています

VULKANO FLOW(ボルカノフロー)を3G回線 iPhoneでも観る! Vulkano Player for Flow and Blast

VULKANO FLOW(ボルカノフロー)を3G回線 iPhoneで試してみた。
結果的には無事見る事ができた。
ただ、リモコンの遅延(反応が遅い)で動いているのか?止まっているのか?分からない事もしばしば。
遅延時間は約10秒。少し慣れるには、まず自宅でHDDレコーダーを見ながら有料版のVulkano Player for Flow and Blastで操作を慣れてから、外出先からの操作をオススメする。
慣れてくれば、さほどイライラしないで待つ事は出来るだろう。

家庭内のローカルネットワークでMacやPCで見る時には、外出時の様なストレスは感じないで見る事も可能なので問題はないだろう。

「アイ・オープラザ」「アイ・オープラザ 楽天市場店」

VULKANO FLOW(ボルカノフロー)をiPadで観る! Vulkano Player for Flow and Blast

VULKANO FLOW(ボルカノフロー)を設置したところまでは前回のブログに書いた。リモコンの設定がある程度終わったので、iPhone・iPad用アプリ「Vulkano Player for Flow and Blast」をダウンロードしてみたレポート。
無料版のVulkano Playerもあるが、現在日本で販売されている「VULKANO FLOW(ボルカノフロー)」には対応していない。
有料版のVulkano Player for Flow and Blast をダウンロード、早速使ってみた。
リビングで実際のHDDレコーダーの動きを見ながら、操作の遅延を確認しながら試すことにした。
リモコンを表示した状態でNHKの天気予報をスクリーンショット!画質もかなりいい感じにだ。
リモコンの状態は、流石にローカル内といえどそこそこ送れての反応。
iPadからのコントロールでも数秒遅れる感じだろうか?
しかし、後付けのストリーミング端末と考えれば、それなりに健闘している印象だ。
YouTubeのような快適な動きではないが、自宅の端末が外でも動かし観ることが出来る!ソニーが出している「ロケーションフリー」等を考えれば、値段も使い勝手も上々な感じがする。
さて明日はiPhoneで外出先から試してみたい。

ボルカノフロー(VULKANO FLOW)ストリーミングTVアダプター 設置しました!

前回のブログで書いたボルカノフロー(VULKANO FLOW)
早速注文、初回入荷分は注文の時点で売り切れ、入荷第2陣でボルカノフロー(VULKANO FLOW)がやっと送られてきた。
ボルカノフロー(VULKANO FLOW)は自宅などに設置したテレビチューナーやビデオ/HDDレコーダーなどの映像をインターネット経由で離れた場所に転送し、iPhoneやiPad、Android、パソコンのソフトで視聴できるストリーミングTVアダプター!

送られてきたアイ・オーデータからの段ボールが大きかった!
まずは開封...
大きさはこの様な感じ、iPhoneとボルカノフロー(VULKANO FLOW))を比べてみました。
想像よりも少し大きな感じもしたが、厚さ余りないのでHDDレコーダーの上に設置する場合は気にならない。


通常のアナログコンポーネントケーブル(黄、白、赤の接続ケーブル)が標準で付属されている。
一端は、アナログで接続したが画質がイマイチかな?と思い、朝からD端子コンポーネントビデオケーブルを近くのヤマダデンキで購入。
ソニー製のD端子コンポーネントビデオケーブルを購入したけど、Amazonn
の最安値は半額で売っていた...
楽天のアイ・オープラザが一番安かったのがもっとショック...
購入はアイ・オープラザで同時に購入するのが1番安くなりそうだ。
ちなみにボルカノフロー(VULKANO FLOW)は、保証期間によって金額が違う。私は1ヶ月保証の物にしている。

箱から開封、HDDレコーダーのAV端子を接続し、電源を投入。
Macのアプリケーションをダウンロードし、設定画面へ!
案外アッサリと繋がってしまう。

ボルカノフロー(VULKANO FLOW))は海外の製品と言うこともあり多少ともどう部分もあるが、そんなに困らないで接続自体は行うことが出来る。
ただ、設定画面でHDDレコーダーのメーカー(我が家はパナソニック)を選んでも「自分の持っている機種」が必ず出るとは限らない点は注意した方がいい。




早速、iPhoneアプリ「Vulkano Player」の無料版をダウンロード。

このモデルは有料版のVulkano Player for Flow and Blast をダウンロードしないとiPadやiPhoneでは使えない、後でダウンロードしよう。


問題なのはリモコン機能。

ロケーションフリーも画期的だったけど「VULKANO FLOW」(ボルカノフロー)はもっと凄いかも!

アイ・オー・データ は、米Monsoon Multimedia 製ストリーミングテレビアダプター「VULKANO FLOW (ボルカノフロー)」を発売した。同社直販サイト「アイオープラザ」 で販売、価格は1万2800円。
ソニーのロケーションフリーも画期的な商品だったけど、「VULKANO FLOW」(ボルカノフロー)はiPhone・iPadでも利用できるのが魅力的。
自宅に設置したテレビチューナーやHDD/Blu-ray Discレコーダーなどと接続し、インターネット経由でiPhoneやAndroid端末、Mac、PCで映像を視聴できるストリーミングアダプター。
チャンネル切替や電源のON/OFF、録画映像の再生などの接続した機器の遠隔操作が可能で、HDDレコーダーなどと接続すれば外出先で予約録画を行い、さらに録画した映像を視聴することもできるようだ。



インターネット経由で遠隔リモコン操作も可能なので、HDDレコーダーなどを接続すれば予約録画を行って、さらに録画した映像を見ることも可能です。iPhoneやiPadはもちろん、TVチューナーを搭載していないAndroidでもテレビやビデオの映像を手軽に楽しむことができる。

簡単にまとめると
・iPhoneやiPad、Android、パソコンがテレビになる!
・いざという時に地元のテレビ映像などを遠隔地から見ることもできる!
・HDD/DVD/BDレコーダーをつなげれば外出先から録画予約もできる!
・D3(フルハイビジョン)入力だから文字くっきり♪動きの激しいスポーツ映像もなめらか!
・ハード・ソフト共にアイオーデータでカスタマイズして国内各法規制に対応済み!




 対応端末はiPhone 、iPad 、Android端末およびWindowsXP 以降もしくはMac OS/X がインストールされたPC。
iPhoneおよびiPadで視聴する場合は、App Storeより専用アプリ「Vulkano Player for Flow and Blast for iPhond/iPad 」(1500円)でダウンロード。
Android端末で視聴する場合は、Androidマーケットより専用アプリ「Vulkano Player for Flow and Blast for Android」。
PCで視聴する場合は、アイオープラザの製…