スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2014の投稿を表示しています

iPhone 6 レビュー

賛否両論、色々言われているiPhone 6 事前にリークされていた内容と大きく変わらないので、ある意味驚きが少ない印象でしたね。 その分、マイナス的なコメントが増えてきている印象です。
持った印象は「薄い」「軽い」って感じでしょうか! iPhone4以降の機種は角張っていましたが、iPhone 3Gの感触に似た印象を受けるiPhone。
しかし、画面がデカイ! iPhone5と比べてもアイコン1個分長く、アイコンの半分程度横に延びている! 私は左手持ちで、片手操作が基本です。 若干延びてしまった横幅で、右側が少し押しにくくなってしまいました。 右角は、にぎり直さないと押すことは不可能な感じです。 ただ、ホームボタンを2度タップすると、画面が半分の所まで下がってくるので、馴れれば大丈夫な感じがします。

タッチの間隔やフリックした感じは、一層食い付きがよくなった感じです。
反応は早いし、スクロールやアプリの起動、クローズもサクサクした感じです。

このiPhone、NFC「日本でいうお財布携帯」が内蔵されていますが、日本でのサービス開始は少し先になりそうですね。
世界的な規格なので、東京オリンピックに向けて、普及するのではないかと思っています。
ただ、個人的には「同じかごにタマゴを入れるな!」という格言がありますが、個人情報の塊にお金の機能を入れて使うのは好きになれないので、普及とセキュリティ部分を見るまでは様子見!って事になりそうです。

このiPhone6 特筆する点は「カメラ機能」
この連写モードは、なかなかいいですね!
連写で撮影した写真は、一瞬見ると1枚の写真に見えますが、中は複数ありお気に入りだけを残すことが可能です。

手ブレ機能も以前に比べて格段によくなった印象です。

 iPhone 5sから採用になった、指紋認証のTouch ID。
 iPhone 5sよりも、認証スピードがかなりよくなった感じがします。
一瞬で認識するので、ロック解除の操作がかなり楽になった感じです。

意外なところは、画面が大きくなったことで電子書籍が読みやすくなったこと!
私は紙の書籍以外に、通勤時に電子書籍を読むことがあります。
縦横が長くなったので、その分文字が読みやすくなったのが印象的です。
新しくなったRetinaディスプレイだということもあるのでしょうが、電子書籍がかなり…

lightningケーブルが断線した時には!最安値じゃないかな?Apple MFi認証品 Lightningケーブル

多分、最安値と思われる「Apple MFi認証品 Lightningケーブル」が上海問屋から発売されています。

iPhone5 以降から採用されているLightningケーブルですが、安いLightningケーブルだと、Appleから承認を受けていないケースがほとんですね。

Apple未承認だと

充電ができないiTunesで同期ができない流れる電流の量が少ないLightningケーブルのコネクタ部分がアップル純正より大きく入りにくい など、かなりリスキーな買い物になってしまいます。
今回の上海問屋Apple MFi認証品 Lightningケーブル 1m はAppleの承認が通っているので、上記のような心配がありません。

MFi承認の商品も多く出回っていますが、純正品に比べると安いのですが、なかなか「安い!」と呼べるものが少ないのが現状です。
上海問屋Apple MFi認証品 Lightningケーブル 1m はなんと799円(税込み)

これはかなり安いというのが実感です!
「上海問屋」のオリジナルロゴマークが入っているので、このロゴどうかな?と思われる人も多いかもしれませんが、値段につられて買う人も多いかと思います。

ノーブランドの商品は、コネクタ部分にチップ(Apple承認用)が入っていないため、正常な動作ができないといわれています。

送料は
メール便で¥216
宅急便で¥410

これは買いじゃないですかね!

小泉今日子が奉納した鳥居! パワースポット 伊豆山神社

このゴールデンウイークに、パワースポットで有名な熱海にある関八州総鎮護「伊豆山神社」に行ってきました。
ゴールデンウイークということもあり、多くの人が参拝に来ていました。
熱海の切り立った地形の上にある神社で、真下に海が広がる風光明媚な場所にあります。
石段を上がり、鳥居をくぐって上に上がると本殿があります。

伊豆山神社の守り神「赤白二龍」でお清めをして参拝です!

伊豆山神社は、真言宗の開祖「空海」が修行をしたと言われている霊場で、神仏分離令によって現在は神社しか残っていません。
最近では恋愛の神様として有名ですが、昔は修験者の霊場だった場所です。


霊場らしく、本宮は本殿からかなり上にあります。途中、病気・厄除けの「白山神社」縁結びの神様を奉る「結明神社」があり、山道なのでスニーカーで行くことをオススメします。

本殿右脇に本宮までの参道があり、上の写真のような案内板が設置されています。


白山神社までは15分程度、ハイキングコースにもなっているようですが、途中足場の悪いところも沢山あります。



白山神社の手前に小さな鳥居があり、そこを上げると白山神社。
鳥居の手前には、修験者が修行をした大きな岩があり、多くの人が岩から「気」をもらっている光景が見られました。


ここまでは、迷うこともなく上がれますが、この先は「この道で大丈夫?」と思うような山道が続いています。

白山神社の前を通り抜け、暫く歩くと「子恋の森公園」の広場に出てきます。
広場まで出れば、整地された遊歩道が出てくるので、ここまで来れば悪路からは開放になります。

途中に看板や地図もありますが、イマイチ位置関係が分かりにくいと思います。
写真の伊豆山神社から延びる黄色の点線が白山神社を通るルートになります。

公園の遊歩道脇には民家が点在していて、この道で合っているのかと思ってしまうような風景です。
脇道もありますが、ひたすら直線に進と「結明神社」が見えてきます。




結明神社は縁結びの神様。
「結明神社」を奥に進むと、やっと伊豆山神社 本宮に到着です。



本宮はとても静かな場所にあり、気持ちよい「気」が流れている感じでした。
本宮脇で、現代の修験者?なのか瞑想している人とかもいました。
やはり、伊豆山神社は本宮まで上がらないと、いい御利益に預かれないような感じですね!


伊豆山神社の創建の年代は不詳ですが、社伝によれば孝…

最新Mac Pro 2014(ゴミ箱)ではFinal Cut Pro 7 + BlackMagicでは音の再生が出来ない!

通称「ゴミ箱」の相性のMac Pro
このマシーンは死ぬほど速い!
私達、映像業界の人間には待ちに待った最強マシーンだが、長らくお世話になった「Final Cut Pro7」とBlackMagicとの組み合わせは、これからは難しくなってしまったようだ。

このMac Proに【Blackmagic Design UltraStudio Express】で動かそうとしたら、最新ドライバーで(10.0)ではピクリとも反応なく、9. XXは辛うじて映像は出るもの音ズレが発生したり、突然音が断になったり、かなり不安定.....
BlackMagic Designに問い合わせたところ「Final Cut Pro7の対応を終了」したとのこと。
最新のMac ProのOSはダウングレードは出来ないので、FinalCut Pro7BlackMagicとの組み合わせが、絶たれてしまった。Mountain Lion以前のOSなら問題はないが、かなり残念な感じだ。

Mac Proがこのままでは使えなくなってしまうので「AJA」のボードは対応していたので、急遽「秋葉館」に走り、Thunderbolt 2の拡張PCIeボックス、SONNET Technologies Echo Express SE IIを購入、AJA KONA 3Gを載せて使うことに!






これが SONNET Technologies Echo Express SE II内部に2スロットルあるので、SONNET Tango 3.0 PCle USB3.0/FireWire800 Combo カードなどFireWire800ポートが付いたモノが重宝しそうだ。


AJA KONA 3G とFinal Cut Pro7 での動作確認をしたが、取り敢えず目立った問題もなく使える感じだ。

裸族を 長年使ってきたが、Thunderboltがないため、
RocketStor Thunderbolt同時で2スロットル使いことが可能で、2.5インチSSDも使う事が可能。こいつもきびきび動くので、なかなかいい感じ!
Thunderbolt周辺機器も徐々に充実してきた感じだ。

Final Cut Pro7動作結果
使用Mac : Mac Pro 2.7GHz 12コア Intel Xeon E5プロセッサ
        32Gメモリ
      OS X M…

MacBook HDDの交換はかなり簡単!

我が家にあるMacBook(Late 2009 ユニボディー)
子供と奥さん用に買ったMacBookですが、最近は奥さんも子供もiPhoneとiPadを使っているので、ほとんどiPhoneなどのデータのバックアップとデジカメ写真の保管用に使われています。
写真も枚数が増え、250GのHDD(ハードディスク)では限界がきたので、HDDを交換することにしました。

SSDという選択肢もあったのですが、iPhoneやiPadに移行してしまったので、余りメインでは使われなくなっていたので、安価なHDDという選択にしました。

休日に入れ替え作業を終わらせたかったのでAmazonで東芝 内蔵型SATA HDD 500GB をチョイス。
MacのバックアップツールTime Machineが500Gということもあり、敢えて1TBにはしなかった感じです。



まずは、交換前の準備


HDDと同時に購入した玄人志向 2.5インチ USB3.0接続 ハードディスクケース GW2.5TL-U3/BK に新しく購入したHDDをセットして、初期化とMac OSのインストール。
後々のことを考えて、ケースはUSB 3.0対応にしました。

Mac OSは現在OS X 10.9 Mavericks 

*必ず「Time Machine」でバックアップした後に入れ替え作業をしましょう!

DVDのOSインストーラーがかなくなってしまった現在OS X 10.9 Mavericks。

OSのインストール手順は

Macの電源を落とす。新しく購入したHDDが入ったHDDケースをUSBに挿入オプションキーを押したまま、電源を入れ起動復旧 10.9を選択 オプションキーは左下の左から2番めのキー
このような画面になるので、復旧10.9を選択
このような画面になります
ディスクユーティリティで新しく購入したHDDを初期化

続いてOS Xを再インストールをクリックし案内に従い進め、新しく購入したHDDにインストールします。


無事に新しいHDDでMacが起動できれば、準備は完了です!

HDDの入れ替え作業 8箇所あるネジを+ドライバーで外します。

赤に囲まれた部分がHDDです。 透明のビニール製の「ベラ」が付いていますが、いきなり引っ張ってもは外せません。