2011年10月8日土曜日

ひとりの人間として、ジョブズのことが好きになる1枚



世界中の人がスティーブ・ジョブズの死を悲しんでいる。私もその1人であることには間違えない。
しかし、ジョブズも人の子と想わせる1枚の写真がある。


スティーブ・ジョブズが最後に行った今年のWWDC Keynote

この直後に撮られた写真がこの写真になる


この奥さん(ローレン・パウエル)とのツーショット写真、何とも言えない写真だ。
自分が想像した物を全て形にし、欲しいものは何もなかっただろうが、最後は妻で有り家族なんだと改めて考えさせられる写真だ。
私も今年、手術のために入院をしたが、やはり支えは家族だと再確認した。
この時スティーブ・ジョブズが何を考えていたのかは知るよしもないが、元々他人の男女が夫婦になり、そして絆になる....

不遇の幼少期を送ったスティーブ・ジョブズ。特に家族に対する想いは深い物があったのかも知れない。
10月7日に近親者や限られた関係者が参列する密葬されたようだが、ご冥福を祈りたいと想います。
shinichiro beck Web Developer