2012年6月20日水曜日

MacBook AirのSSD交換 意外に簡単!


MacBook Air SSDが交換出来ないと思っている人もいるようだが、簡単に交換が出来る。
現在私が使っているのはMacBook Air  Late 2010
標準で搭載されているSSDは64Gで少し非力...元々決まった使い方だったので、差ほど困らなかったが最近になり容量のアラートが出るようになった。
新しいAirも選択肢に入れたが、今回は延命措置でSSD交換を!

秋葉館 MacBookAir2010/2011用SSD256GB [MacBookAirSSD256GB] を購入。
MacBook Air(Late2010/mid2011)11/13インチモデル対応の256GB SSD。Apple純正採用のSamsung社製。必要な工具は全て付属しているので、すぐに交換作業に!
付属のT型ドライバーとSSD
裏面にあるT型のネジを10ヶ所外す。
ネジは2種類あり取り付ける時に注意!

MacBook Airの裏面を外したらこんな感じ
中央にあるメモリーのようなものがSSD


 手前が新しく購入したSSD 256G  裏面にもゲジゲジが着いている


ネジを外すと簡単にSSDを外すことが出来る


USBメモリで事前に作ったLion 復元ディスクアシスタントを差し、オプションキーを押しながら起動するとRecovery Discが表示される。
起動するとこの様な表示に。まずはMac OS Xをインストール






それ以降は、 通常のインストールに従い進めていく。



インストールするSSDを選択。フォーマットもされていないので、SSDの型番が表示されている。選択後インストールのボタンをクリック。



Recovery Discにはインストーラーは入っていないので、Apple IDを入力してダウンロードをする必要がある。


自動的にインストールが始まる

 地域を設定

 キーボードの入力を設定 通常は「ことえり」
 ワイヤレスネットワークを設定

 最後に以前の情報をTime Machineを使って復元


あとは復元を待つだけ!



そんなに難しい作業はないので、全く初めてでも「Lion 復元ディスクアシスタント」と「Time Machine」を事前に準備すれば、それほど困らないで交換出来るので、困っている方は是非チャレンジを!
MacBook Air用SSD は数種類あるが、サムスン製が速くて安定しているようだ。
posted with カエレバ
shinichiro beck Web Developer