2014年5月10日土曜日

小泉今日子が奉納した鳥居! パワースポット 伊豆山神社




このゴールデンウイークに、パワースポットで有名な熱海にある関八州総鎮護「伊豆山神社」に行ってきました。
ゴールデンウイークということもあり、多くの人が参拝に来ていました。
熱海の切り立った地形の上にある神社で、真下に海が広がる風光明媚な場所にあります。
石段を上がり、鳥居をくぐって上に上がると本殿があります。

伊豆山神社の守り神「赤白二龍」でお清めをして参拝です!

伊豆山神社は、真言宗の開祖「空海」が修行をしたと言われている霊場で、神仏分離令によって現在は神社しか残っていません。
最近では恋愛の神様として有名ですが、昔は修験者の霊場だった場所です。


霊場らしく、本宮は本殿からかなり上にあります。途中、病気・厄除けの「白山神社」縁結びの神様を奉る「結明神社」があり、山道なのでスニーカーで行くことをオススメします。

本殿右脇に本宮までの参道があり、上の写真のような案内板が設置されています。


白山神社までは15分程度、ハイキングコースにもなっているようですが、途中足場の悪いところも沢山あります。



白山神社の手前に小さな鳥居があり、そこを上げると白山神社。
鳥居の手前には、修験者が修行をした大きな岩があり、多くの人が岩から「気」をもらっている光景が見られました。


ここまでは、迷うこともなく上がれますが、この先は「この道で大丈夫?」と思うような山道が続いています。

白山神社の前を通り抜け、暫く歩くと「子恋の森公園」の広場に出てきます。
広場まで出れば、整地された遊歩道が出てくるので、ここまで来れば悪路からは開放になります。

途中に看板や地図もありますが、イマイチ位置関係が分かりにくいと思います。
写真の伊豆山神社から延びる黄色の点線が白山神社を通るルートになります。

公園の遊歩道脇には民家が点在していて、この道で合っているのかと思ってしまうような風景です。
脇道もありますが、ひたすら直線に進と「結明神社」が見えてきます。




結明神社は縁結びの神様。
「結明神社」を奥に進むと、やっと伊豆山神社 本宮に到着です。



本宮はとても静かな場所にあり、気持ちよい「気」が流れている感じでした。
本宮脇で、現代の修験者?なのか瞑想している人とかもいました。
やはり、伊豆山神社は本宮まで上がらないと、いい御利益に預かれないような感じですね!


伊豆山神社の創建の年代は不詳ですが、社伝によれば孝昭天皇の時代(紀元前5世紀~紀元前4世紀)ころ創建された神社です。

古くは

  • 伊豆大権現(いずだいごんげん)
  • 伊豆御宮(いずおんみや)
  • 伊豆山(いずさん)
  • 走湯大権現(そうとうだいごんげん、推古天皇3年(594年)に朝廷から贈られた名とされる)
  • 走湯山(そうとうさん)
と呼ばれ、天皇家とは古くから縁のある神社です。

源頼朝が伊豆国に配流されたとき、源氏再興を祈願したとされ、その後北条氏などが崇敬した由緒正しき神社です。
近年では、昭和天皇が皇太子時代に、現皇太子も昭和55年(1980年)に参拝されています。

源頼朝が三社詣と称して箱根神社・伊豆山神社・三島神社の三社の一社。

そんな伊豆山神社に小泉今日子が奉納した鳥居が、社殿正面から左脇にあります。


伊豆山神社は「強運」の神社という顔と、最も有名なのが「恋愛成就」の神社としての方が有名です。

由来は、源頼朝と北条政子が恋に落ち、周囲に反対された逆風の恋を成就させたとされています。

境内には源頼朝と北条政子が愛を語らったとされる「腰掛け石」があります。

源頼朝が授かった「強運」と「恋愛成就」
一度お試しあれ!
大きな地図で見る
shinichiro beck Web Developer